11/3(土)U13県3部リーグ第3節&U13県2部リーグ第7節

ブログ

■U13県3部リーグ第3節

会場:芝山スポーツ広場

vs大田中学校

30分HALF

前半 0-0

後半 2-0
得点者:吉井(須合),加瀬(近藤)

TOTAL:2-0 ☆

◇トレーニングマッチ

vsFCリベレオ

30分1本

1ー1
得点者:眞行寺

MVP:近藤,津野

■U13県2部リーグ第7節

会場:芝山スポーツ広場

vsFCリベレオ

30分HALF

前半 3ー0
得点者:OWN,井上,田辺(重村)

後半 0ー1

TOTAL 3ー1 ☆

◇トレーニングマッチ

vsFCリベレオ

30分1本

3-0
得点者
中島,林柔2

MVP:井上,中島

本日もホームゲームでの外からの仲間の応援が選手の大きな力となったと思います。

プロの試合で言われるホームの勝率の高さ。
ホームゲームでは大きな声で良いプレーを称えられ、サポーターからの声援での後押しが力になります。
アウェーゲームは悪いプレーを責められて、ブーイングが最初から最後まで続く事がプロの世界では基本です。
そうなると当然ホームゲームでの勝率が格段に高くなります。

人の気持ちはパフォーマンスと比例します。

応援されて、良いプレーを褒められれば自然と気持ちは上がり良いプレーに繋がっていきます。
罵られ、文句ばかり言われれば、楽しめないし、時は心が折れそうになり逃げたくなるもの。

チームスポーツとは沢山の仲間がピッチに立ってプレーするもの。
一番モチベーションが上がるのは、一番身近にいるフィールドに立つ仲間の姿勢、声援、鼓舞!!!!

ピッチの中で叫んで指示して、良いプレーを全力で褒めて、ここぞという時に仲間と強い意思確認をして勝利を呼び込む。
ただそれも、身体張って強く相手にぶつかり、スライディングで滑って、たくさん走って息を切らしている「姿勢」を見せた男同士だから伝わるもの。

自分は一切姿勢を見せない口ばかりの鼓舞は「罵声」ととらえられてしまい、人にはマイナスのマインドを与えてしまう事もある。

自分本位ではなく、仲間やチームを思う気持ちがプレーに乗り移り目標を叶えられるもの。

選手達は素晴らしい応援をピッチ外から送れるようになりました。

ただ、本質は「サポーター」「応援団」を目指しているわけではありません。

仲間を思う気持ち、それを表現する事を大切にしているので応援を推奨しています。

だけどそれをピッチの上でプレーヤー同士で行う為の自分を磨く時間でもあります。

フィールドの上でそんな人間力を発揮するチームになってもらいたい。

フィールドの上ではまだまだです。

これから本物になってくれる事を心より期待しています☆

過去の投稿へ
11月4日クラブU14リーグ下位リーグ2ndステージ第1節
次の投稿へ
11/4(日)U13県3部リーグ第4節

Related Posts

No results found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー