全身全霊を掛けた史上最強の卒団式!!

【Be A HERO Project movie】

http://ac-caracter.com/beahero.mp4

いちサッカークラブのカラクテルが卒団式にダンスをしようと思った理由は、1人1人を見た時に素晴らしいものを持った選手達が、自分の思いを素直に伝えたり、必死こいて食らいつく姿がそもそも辛いとか、恥ずかしいとか、カッコ悪いとか、心のどこかで限界を決めてしまっていている気がして、バカになって自分の掴みたいものにしがみつく事のカッコ良さをどう伝えたら良いか?

ずっと考えてきて、私のサッカーを通じた表現力では言葉でも、身体でも出来る限りの事を尽くして彼らに伝えてきたつもりだったけれど、伝えきれない自分やありのままの自分を出し切れないでいる彼らを見ていて悩んでいた時に、20歳前半の若きダンサーユスケと出逢い、彼の生き様であるダンスを通じた心体表現、感情解放への思いを聞き、彼の普通ではない程、キザで熱すぎる言葉をあまりにもストレートに心から発する姿に心打たれて、自分が子供達の目線になり一緒になって出来もしないダンスに本気で打ち込む事で、何かを伝えられたらという思いで、最後のチャンスとして

「Be a HERO.Project」

という

「みんながヒーローになる」

という事を目標に

「サッカー×ダンス」

という異色の取り組みで、心を1つにするというチャレンジを実現しました。

彼等はサッカーで見えていた上手い、下手等の色眼鏡の景色ではなく、仲間1人1人の本質を見て、心から仲間同士感謝をし合う事が出来ました。

ダンスとサッカーの共通点は「人を幸せに出来るもの」だと勝手ながら思ってます。

人と人が繋がってお互いを尊敬し思いを込めて爆発させる事が出来た時に計り知れない力を発揮する事が出来るから。

なのかな???

すいません。

ダンスの事が分かっていないのに勝手な憶測なんで違ったら受け流してください。

ただ、ダンスとサッカーだけでなく人生そのものが

「喜び」「悲しみ」「後悔」「楽しみ」「痛み」・・・・・・

を全て自分が感じてきた事だからこそ

成長したいと思った時に

「明日への糧」

となるものだと思います!!

要するに自分がサッカーを通じて伝えたい事は、自分の進みたい道を見つけたら誰に言われるでもなく、本気で挑む人間になってほしいという事です。

目先の勝利とか地位とか名誉ではないという事です。

自分が決めた道なら納得がいく!!

世代やジャンルを超えて、みんなと1つになれたのは本当に私も幸せでした。

これからの第11期生の活躍を心より願っています!!

自分より2回りも年下の少年達に深く教えてもらった事を絶対に忘れません!!

今まで本当にありがとう。。。。

 

メニュー