最高の環境を準備して頂き、フットサルコート6面を利用し、交流戦を行う事が出来ました!!

カラクテルはトレセン活動以外の選手が参加させて頂き、試合はセルフジャージ、指導者のコーチングは一切なしというルールで、「子供達で考えて全てを決断する」という形で行いました。

カラクテルブログの中で、常にお伝えしている事

「サッカーは自分で考えて判断するスポーツ」

与えられた環境の中で、人のせいにせず、自分自身がしっかり目標を持って、妥協せず、仲間を思いやり、相手選手に敬意を払いプレーが出来たかどうか?

その事をしっかり振り返ってほしいと思います。

自分達寄りにジャッジを進めて平然としている選手、好き勝手攻撃してディフェンスをしないで仲間や相手に文句を言う選手等々、自分の事しか考えられない選手、人間はサッカーでも、人生でも絶対に成長しませんし、成功しません。

その行動がいつか自分が苦しい時に跳ね返ってくるからです。

いざ苦しんでいる時に誰も自分を助けてくれる選手がいない状況になるのです。

早く大人の手を離れ自立した選手、人間!!

これこそが成功する為に最重要事項です!!

南米サッカーから誕生する多くのスーパースターは、幼少期はストリートサッカーで本気で遊び、その中から技術やアイディアを学び、ジュニアユース年代には親元を離れて、いつ解雇になってもおかしくない環境で、日々大きなプレッシャーの中でプレーして、夢を叶えている人が殆どです。

ですので、カラクテル選手達にも、「サッカーという遊びを本気で楽しみ」「コーチや親御さんにすぐに答えを求めずに」自ら道を切り開いてい事を強く意識してほしいと思っています。

プロサッカー選手や多くの企業は今まさに「自分の意思を持って、物事に責任を持って行動出来る人材」を求めています。

そのような人材が育つように、カラクテルは子供達に接して行きたいと思います☆

同じ思いを持ったチーム同士が集まってい1日好きなだけサッカーが出来た事が当たり前だとは思わず本当に感謝の気持ちを持って今日からの練習に生かしてほしいと思います。

企画して頂いたアトレチコ君津さん、対戦して頂いたクラッキス松戸さん、アストーレさん

本当にありがとうございました☆

メニュー