■U15全日本フットサル選手権千葉県予選決勝トーナメント準々決勝

会場:天台スポーツセンター体育館

15分HALF(プレイングタイム)

vsルキナス-ブルー

前半1-2
得点者:松嶋

後半2-2
得点者:松嶋、近田

TOTAL 3-4 

MVP:松嶋、近田

残念ながら関東大会出場の切符まで後一歩というところで涙を飲む事になってしまいました。
しかし、カラクテルで取り組んできた攻撃時間を増やす為のキープ力、駆け引き、ポジショニング、そして勝利への執念は遺憾なく発揮してくれました!!

試合を見ていた他チームの指導者の方々からもみんなのプレーに称賛の言葉を頂きました。
選手達は、自分達の取り組みが未来に繋がるものだった事に自信と誇りをもってほしいと思います。

但し、フットボールで結果を得る為の「ゴールを奪う」「ゴールを守る」という本質の部分では相手に勝てなかった事をしっかり受け止めなければなりません。
自分が身に付けてきた武器に更に磨きをかけ、新たな武器を身に付ける為の努力を怠らず、その武器をどう結果に結びつけるかという「向上心」を持ち続けて成長していって下さい!!

「挫折」を「課程」に変えて下さい!!
どんな成功者でも必ず負けたり、失敗したりを繰り返しています。
大好きなサッカーではありますが、当然試合に負けたり、思い通りにプレー出来なかったり、仲間やコーチに厳しい事を言われたりするときもあると思います。
その時に下を向いたり、逃げ出したりしているようでは何をやっても同じように、逃げたり、目を背ける事しか絶対出来ません。
上手くいっている時が楽しいのは当たり前です。
その楽しい、幸せな瞬間を求めて、私達人間、選手は全力を尽くすのです。
そのサイクルは大人になっても変わることはありません。
むしろ大人になってプロという立場でお金を稼ぐようになれば、泣き言をいって立ち止まっている暇などありません。
プロの立場なら、もっと厳しく言われる事や、最悪の場合は戦力外(クビ)を通告されるのです。

楽しいサッカー、大好なサッカーをカラクテルで最後までプレーしてくれた選手達はカラクテルでの様々な経験から、人として、選手として、大きく成長してくれたと確信しています!!

因みにカラクテルに勝利したルキナス-ブルーは、三井千葉に勝利し、決勝戦へ進出し、関東大会出場の切符を手にしたそうです☆

カラクテルも本当にもう一歩でした(^.^)

今後の彼らの活躍や成長を心から願っています。

選手、保護者の皆様、3年間本当にありがとうございましたm(__)m

メニュー