しっかり者の翔大がキャプテンを務めてくれたので僕は、ほとんどサポートすることなく今日の卒業の日をむかえました。

さて、三年間を振り返るといろんな事がありました。
合宿のこと、雪の中のレイソル戦のこと…
それらを話すと何時間あっても足りなくなるので僕は1、2年生へのメッセージということで簡単に話したいと思います。

まず1つ「続けて下さい」
今カラクテルに入って1年ないし2年がたちますがどうですか?
もしかしたら、そろそろ辞めようかなぁと思っている人がいるかもしれません。
理由は戦術であったり、勉強との両立だったり、怪我だったり、それぞれだと思いますが辞めないで続けて下さい。
こういう僕も去年の春休み試合で右足を骨折し、松葉杖になりました。
大事な試合が続くのに、また学校へも最初の志望校を提出しなければいけないのに何でこんな時にと、かなり落ちこみ辞めちゃおうかと思いました。
でも、今復活し3年間続けてきて良かったと心から思いこうして、この場に立っています。
カラクテルのかなり前のブログにこういう言葉がのっていました。「人知れず努力を積み重ねている人には、やった分に値する成長と歓喜がいつか必ず訪れる」成長したかどうかは自分ではわかりませんが、今は満足感でいっぱいです。
この思いを1年後または2年後の君達にも味わってほしいと思います。絶対に辞めないで続け下さい。

2つ目に「信じて下さい」
信じた仲間は自分を信じてくれます。
家族とはまた違う絆で必ず自分にプラスになって返ってきます。
そしてもちろん監督、コーチを信じて下さい。
試合で怒鳴られるとへこむかもしれませんが、監督もコーチも皆、君達を信じています。そして試合の勝ち負けだけでなく、3年の最後の最後まで、将来を一緒になって考えてくれます。
僕も行きたい高校を相談し練習試合を組んでもらい受験を決めました。
仲間を監督コーチを信じて下さい。

3つ目は「サッカーを楽しんで下さい」
これは皆もわかると思います。
ゴールを決めた時の爽快感、ディフェンスだったら攻撃を止めまくった時の気持ち良さ。逆に負けた時のくやしさ。
でもきっと次はぜってー勝ってやると気合いが入った瞬間。
これらをひっくるめてサッカーの楽しさを忘れないで下さい。

4つ目「最後は皆で感謝しましょう」
サッカーを続けることを見守り応援してくれる両親に感謝しましょう。
僕は個人的に、たけのお父さん、お母さん、翔大のお母さん、お父さん、かずきのお父さん、それから、やすのお父さん、りょうがやこうきのお母さん車の送迎ありがとうございました。
皆さんがいなかったら、3年間続けられなかったです。
もちろん監督、全てのコーチご指導ありがとうございました。
それから、ついでではありません。
1年、2年の皆応援ありがとうございました。
高円の時は応援歌まで作って皆で応援してくれましたね。とてもはげみになりました。
僕達は残念ながら関東に進むことはできませんでしたが、この目標は君達にひきつぎます。必ず関東に行って下さい。
ここにいる皆さん、本当に感謝しています。ありがとうございました。

以上「続けて下さい」「信じて下さい」「楽しんで下さい」「感謝しましょう」この4つの言葉を1、2年に残します。

最後の最後に僕の決意をのべます。
おととい高校の説明会に行ってきました。
そこには僕と同様に、いえ、それ以上に勉強にもサッカーにも努力して合格を勝ち得たライバルがいました。
ジェフであり、ウィングスであり、JSCであり、今度は彼らと共にサッカーをすることになります。
わくわく感もありますが、こいつとはポジションあらそいするんだなぁとちょっと不安なドキドキ感もあります。
それらを含めて次のステージがスタートしたんだなぁと感じた1日でした。
これからも僕はカラクテルの名にはじないように努力しレギュラーを勝ちとるように頑張ることを誓います。

3年間お世話になりました。
ありがとうございました。

CARACTER 第8期生副キャプテン 林 浩史

メニュー